Insulator

断熱対策商品

簡単な交換でより快適な室内環境を手に入れられます

断熱・遮熱のためには、二重窓や真空ガラスの窓への交換がオススメです。しっかりと室内の断熱・遮熱対策をとることで、夏場はより涼しく、冬場はより暖かいお部屋でお過ごしいただけます。また、エアコンの節電にも繋がりますので、エコで経済的です。

断熱対策商品について

・窓からの冷気で部屋が寒い。
・エアコン代を下げたい。
・石油ストーブの燃料代を下げたい。
・結露からのカビが気になる。


こんな窓のお悩みには、断熱対策で対応できます!
断熱対策には、ガラスの種類の変更や二重窓にするなどの様々な方法があります。
また、断熱対策をした窓は多少なりとも防音性能が上がりますので「赤ちゃんが外からの騒音で起きてしまう」「赤ちゃんの泣き声が近所迷惑になってないか心配」「防犯対策が心配」といった場合にも最適な手段です。

窓の断熱対策ができるもの

  • 二重窓
    1時間程度の手軽な工事で高い断熱効果が期待できます。 価格も比較的抑えられるため経済的です。
  • 真空ガラス
    ガラスとガラスの間に断熱効果の高い真空層が入っており、非常に高い断熱生を発揮します。 遮熱効果も高く、直射日光の熱の減少も期待できます。

断熱と遮熱の違いをご存知ですか?

pic_insulator_02

断熱と遮熱の違いを簡単に言うと、断熱は「熱が伝わりにくいこと」で、遮断は「熱を反射すること」です。


◆断熱を具体的に…
断熱効果の高いものは、例えば木材・樹脂・発砲プリスチレンなど。反対に、断熱効果が低いものの代表格として金属が挙げられます。
これらの違いを一言で表すと、どれだけ熱が伝わりやすいか?ということです。断熱は、「熱を断つ」という言葉通り、熱を移動させないことを表します。
例えば表面が直射日光に当たって裏面が熱くなるものは、断熱性が低いということです。


◆遮熱を具体的に・・・
昔、小学校で白の紙と黒の紙を太陽にあてて触る実験をしたことはありませんか?
大人になると普通のことのように思ってしまいますが、黒色が熱を吸収するとされているのは、黒色が紫外線をよく吸収する割合が高いため熱くなるのです。
一方、白色は紫外線を反射するため熱くなりません。これは遮熱と同じ効果です。遮熱材料は光を通しますが紫外線は反射します。そのため、明るさはそのままでも、暑さは感じないのです。


◆遮熱と断熱の利用用途
断熱と遮熱は利用用途が少し違います。
例えば、断熱は冬に耳にする機会が多い言葉です。暖かくなった室内の空気を外に逃がさないために断熱が有効であるため、冬によく聞くのです。
夏は有効じゃないのか?というと、もちろんそうではありません。夏もエアコンなどで冷えた空気が屋外へ逃げないようにすることに繋がります。
しかし窓から西日などが入ってくる場合は、どれだけエアコンで冷やしても、暑い日差しでどんどん室温が上がっていきます。
こういう場合に遮熱が有効で、「光を採り入れる一方で熱は入れないようにする」といった対策をとることが好ましいのです。
そのため利用用途を踏まえた上で最適な手段を考え、遮熱か?断熱か?を決めるのをオススメしております。

二重窓・内窓

二重窓への変更は1時間程度の簡単な工事で済みます。現在の窓の余っている枠にもう1枚の窓を取り付けるだけで、高い断熱性や気密性が得られます。
分かりやすい効果として、結露防止・防音・防犯・省エネがあり、防音目的で利用する方も多い方法です。
施工費用も安いことから多くの方に選ばれています。
  • logo_ykk_pra
    プラマードUは、冬場は熱を逃がしにくく、夏場はエアコンで冷やした空気を逃がしにくい樹脂性の製品です。
    また、ガラスには単板ガラスや複層ガラスなどの高性能なガラスもご検討いただけます。
  • logo_in_plus
    インプラスは静電気を帯電せず、ホコリを寄せ付けません。
    汚れにくいため、日頃のお掃除もラクチンです。
    また、光沢を抑えマットに仕上げているため、お部屋を上品で高級感ある空間に演出できます。
  • logo_plamake
    プラメイクは、二重窓の持っている性能を活用できる他、窓の雰囲気を大きく変えることもできます。選べる木目調カラーやシンプルなモノトーンカラーがございます。
  • logo_innerwindow
    インナーウインドまどまどは、サッシとガラスの組み合わせが豊富です。防犯ガラス仕様もあります。更に、ホームシアターグランプルで5年連続金賞を受賞する程の優れた遮音・防音性能も特長です。

真空ガラス

真空ガラスは、ガラスとガラスの間に0.2mmの真空層を設けています。それにより、高い断熱性・遮熱性を誇り、窓からの熱の浸入をカットします。冷暖房効率の向上と省エネに役立ちます。
また、高い断熱性によって結露しにくくなるため、カビも発生も抑えられ、遮音性も向上します。
真空ガラスは健康面と環境面にも配慮したガラスです。
  • logo_insulator_04
    日本板硝子株式会社
    世界で初めて作られた真空ガラスであるスペーシア。 真空ガラスの特長は、ガラスとガラスの間に真空層を作る事でペアガラス(複層ガラス)の約2倍の断熱性能。真冬でも冷めない魔法瓶のような窓を実現します。
  • logo_insulator_03
    日本板硝子株式会社
    クリアFitの特徴は、自然な色味の無色透明なフロートガラスの間にある0.2mmの真空層。高い採光性だけでなく、一般的な複層ガラスの約1.5倍、1枚ガラス窓の2倍以上の断熱性能を実現しております。また高い断熱性と遮音性を誇ります。
  • logo_insulator_02
    YKK
    光を上手にコントロールできるブラインドが、ガラスとガラスの中に入っています。夏場にブラインドを閉じれば熱の浸入を防ぎ、冬には太陽光を効率よく取り入れるといった使い分けができます。 カーテン無しでも外部の視線を遮断できる優れものです。

二重窓と真空ガラスの違いとは

insulator_image
真空ガラスをご利用の場合はガラスを交換するだけですが、二重窓にする場合は今お使いのサッシとガラスはそのままで、窓枠の室内側にもう1枚の窓を作ります。
どちらも断熱・遮熱・防音などの効果がありますが、防音性能だけならば二重窓の方が高いです。
一方の真空ガラスは、ガラス交換をするだけなのですっきりとした窓になります。しかし、サッシにアルミを用いている場合、そこから熱が伝わってきてしまうという特徴もあります。
そのため「高断熱・高防音を求めるのであれば二重窓」、「スッキリとした窓の状態で高断熱を求めるなら真空ガラス」をご提案しております。

玄関カバー工法について



pixta_17393206_M
カバー工法は「元々の玄関ドアの枠組みにそこに新たな枠組みをつけてドアを交換する」という工法で、元々の枠組みに新たな枠組みをカバーするように取り付けるのでカバー工法と呼ばれています。カバー工法の場合、すでに埋め込まれている枠組みを利用するので周りの壁を壊す必要が無くなり、工事が簡単になり大工工事やクロス、タイル、外壁などの工事も必要なくなりました。そのため、玄関ドアの交換リフォームは劇的に簡単になり、費用や工期も大規模工事だった玄関ドアの交換リフォームが一気に手軽なリフォームへと生まれ変わりました。弊社でもご依頼を受け付けておりますお気軽にお問い合わせください。