Prevention

防犯対策商品

窓や玄関から侵入してくる泥棒・空き巣の対策に

防犯対策としては、割れにくさが特長の防犯ガラスやピッキング対策をとった防犯鍵などがオススメです。お客様のご予算やご希望に合わせたベストな商品をご提案しておりますので、ご自宅の防犯についてお考えの際は、ぜひ気軽にご相談ください。

窓の防犯対策ができるもの

  • 防犯ガラス
    防犯に最適な理由は「決して割れないから」ではありません。ガラスとガラスの間に貫通しづらいポリカーボネート樹脂などを利用していることです。
    ガラス交換だけで現在お使いのサッシはそのままお使いいただける場合が多く、泥棒の窓からの侵入に対して比較的簡単に効果を得られます。
  • 防犯鍵
    玄関などからの侵入は、やはりピッキングによる場合が多いです。
    ピッキング対策を施した防犯鍵を使うことにより、ピッキングによる侵入リスクを大幅に減らすことができます。
  • 面格子・シャッター
    ガラスを変えずに簡単にできる防犯対策の一つとして、「面格子を付ける」ことが挙げられます。
    面格子がついていると、取り外してからでなければ侵入ができません。侵入するまでに時間が掛かり、空き巣犯も嫌がりますので狙われる確率は低くなります。

防犯ガラスと一般ガラスの違い

prevention_image

防犯ガラスと他のガラスでは、侵入者が割り始めてから中に入るまでの時間が大きく異なります。
防犯ガラスであれば、70%の侵入者が5分以内に侵入を諦めると言われています。
2枚以上のガラスの間に強靭な分厚いポリカーボネート樹脂中間膜などで貼り合わせた防犯ガラスは、普通のガラスと比較すると圧倒的に割れにくいのです。
そのため侵入者が中に入るまでにかなり時間が掛かります。

普通のガラスは、バールやハンマーで3~4回ほど叩いただけで簡単に割れてしまいます。
一方、防犯ガラスは20回以上は叩かないと割れません。更に、もし割れてしまったとしても破片が飛び散りにくくなっているため、安全面でも優れています。

防犯ガラス

  • pic_prevention_01
    中間膜がポリカーボネート樹脂で、一般住宅への入れ替え対応可能なのは全メーカー中、日本板硝子のセキュオSPだけ!
    非常に透明性が高いポリビニールプチラールは、自動車のフロントガラスにも使われています。
    一方のポリカーボネート樹脂は圧倒的な貫通のしにくさが特長で、防犯性が求められる箇所にオススメです。
    現在ご使用になっているサッシはそのままガラスだけの交換が可能であるため、防犯窓へと簡単にリフォームできます。
  • pic_prevention_02
    ガラスと特殊フィルムがしっかり接着しており、地震・台風・竜巻などの災害や衝撃で万が一ガラスが割れてしまっても、破片が飛び散ったり脱落したりしにくいガラスです。
    可視光透過率は一般の板ガラスと同等でありながら、99%以上の紫外線をカットする特殊フィルムを使用しております。
  • pic_prevention_03
    防犯性の他に、断熱・遮熱性能を併せ持つ防犯ガラスです。
    省エネや結露の軽減、優れた遮音性などを実現し、住まいを快適に維持できるタイプもございます。使用する中間膜によって、追加できる機能も様々あります。

防犯鍵

  • sample
    世界初のデッドロック機構を採用し、数多くのメディアでも注目されております。
    ピッキングされると強制的にロックが掛かるため、「時間を掛けてもピッキングは不可能」な鍵です。
    ピッキング対策の他、「鍵の破壊」に対応できる仕組みも搭載しています。また、緊急トラブル時にも安心できる24時間のサポートもあります。
  • pic_prevention_05
    解決鍵がないという安心!
    暗証番号を覚える必要もない、指紋認証によるドアロックの解錠。
    コンビニへの買い物や車への忘れ物、ごみ捨てなどちょっとした外出時に、煩わしい鍵の施錠が不要。鍵をなくす心配もなし。
    またお子様の成長する指紋は、使用するたびに自動更新します。
    登録している指をけがしてしまったり薬品を使ったりしている場合や極端に指紋が薄い方にもしっかり対応します。
  • pic_prevention_06
    業界初、両面シリンダーを採用しました。
    上下左右のないリバーシブルタイプで、室内側からも解錠が出来ないため、キーには暗闇でも見やすい蓄光材を使用しております。
    老人性痴呆症のお年寄り介護を必要とするお宅にも安心してご利用いただけます。
    また、ピッキングに強い≪ベルウェーブキー≫を採用しております。ロック用で防犯性が高い面付本締錠です。

面格子・シャッター

  • pic_prevention_07-1
    シンプルな格子で窓からの侵入を防ぎます。
    耐久性に優れた材質。デザインのバリエーションも豊富。取り付け自体もすぐに可能です。
    安価でオススメの防犯対策です。
  • pic_prevention_08
    高い耐候性と耐衝撃性を持つ樹脂を羽根材として使用しております。
    目隠しルーパーと面格子が一体となっており、プライバシー保護にもオススメです。
  • pic_prevention_09
    大きな工事不要で、既存の窓に取り付けられるシャッターです。
    普段は採光窓として利用し、就寝時や外出時にはシャッターを下ろして防犯対策にするなど、便利に使い分けられます。

防犯対策で勘違いしがちな事とは

ご存知の方も多いかと思いますが、空き巣の侵入経路の約70%は窓と言われています。
しかし、窓を塞ぐという事はできないし、窓をなくすという事もできません。
そこでガラスを破られたとしても侵入できないようにと、面格子だけを取り付ける方もいます。しかし面格子は、ドライバー1本で外す事ができます。実は防犯対策というより、侵入しようとしている者に警戒させる程度の効果というのが現状です。
また、面格子を取り付けたことで安心し、家内の防犯対策が疎かになることで、より被害が大きくなる可能性もあります。
もちろん、面格子にもメリットはあります。公園が近い場所や近くに子供が多いエリアの場合は特に、窓ガラスにボールが当たるなどのガラスへの直接的な衝撃と割れるリスクが低減できます。
あるいは「ペアガラスや網入りガラスだから防犯面も安心」と考える方もいるかもしれません。しかしこれらの強度は一般的なガラスと同程度で、簡単に割れてしまい、防犯になるとは言えません。
最もオススメな窓の防犯対策は、やはり防犯ガラスにする事です!
なぜなら、防犯ガラスは割ることに時間が掛かるからです。絶対に割れないわけではありませんが、侵入までに大幅な時間が掛かるため、空き巣も嫌がります。
窓の防犯対策のことなら、気軽にご相談ください。
「これぐらいの予算で防犯対策出来ない?」など、ご相談は無料で対応します。
ベストな対策をアドバイスいたします。